モリサワのTypeSquareを試してみた

モリサワのWebフォントのサービスTypeSquareがお試しキャンペーンを開始した、との事だったので、試してみました。

タイトルや見出しが「黎ミンY40」になっているはずです。

サービスの登録

TypeSquareのサイトの右上のボタンから、ご利用申込みを行い、必要情報を入力します。

登録が完了しましたらログインを行い、「サイト登録・PV数レポート」から読み込みたいサイトを登録します。

サイト側の設定

マイページ内の「導入方法」にスクリプトのタグが用意されているので、そちらをheadタグ内にコピペします。

後はフォントを反映させたい箇所にCSSで指定します。

今回このブログで指定した内容はこんな感じ。

.hoge {
    font-family: "黎ミンY40 B";
}

この辺りはGoogle Font APIの使い方と殆ど変わりませんね。

その他

こういった和文のWebフォントのサービスが幾つか始まっていますが、まだまだ気になる所はあります。

例えばページ表示直後は通常のフォントで、一瞬消えてからWebフォントに切り替わる状態だったりとか、OSによって見え方がまだまだ違っていたり。

サイト全体を適用させる、というのはもうちょっと先の話かもしれないですね。

参考サイト