Pleskが入ってるサーバのPHPのバージョンがアップできなかった→できた

とあるPleskが入っているサーバがまだPHPのバージョンが5.1.xだったのですが、諸事情で5.2以上したかったのでバージョンアップしようかと思ったところ、エラーが発生してしまったのでちょっと調べてみました。

ちなみにOSはCentOS5でした。

エラー内容について

とりあえず、何もせずにremiレポジトリからyum updateをしようとしてみると、下記のようなエラーが発生しました。

yum --enablerepo=remi update php  
(…省略…)
Error: Missing Dependency: any-php-sqlite2 is needed by package sb-publish-3.0.1-********.noarch (installed)  

PHPをバージョンアップすると「php-sqlite2」が失くなるけど、「sb-publish」には必要なのでアップデート出来ませんよ、ということなのですが、そもそも「sb-publish」って何さ、ということで調べてみました。

sb-publishとは

ちょっと調べてみたところ、Pleskを開発しているParallels社の別製品である「Parallels Plesk SiteBuilder」というウェブ・アプリケーションのことを指しているコトがわかりました。

どんなアプリか見てみると…

Parallels Plesk SiteBuilder は、使いやすく拡張性に富んだウェブサイト作成・管理用ウェブアプリケーションです。

ということなので、削除しました。

yum remove sb-publish  

これでyumでPHPをバージョンアップすることが出来ます。

yum --enablerepo=remi update php  

Pleskをインストールされていると管理画面で色々出来るので便利なのですが、制約がかかってしまうのも考えものですね。