ThunderbirdとGoogleカレンダーを同期させてみた

久しぶりな投稿です。お久しぶりです。 Googleカレンダーを扱うように少しずつ遷移しているのですが、クライアントソフトにも同期する方法があったと思ったので、今回はThunderbirdへ同期する方法を調べてみました。 必要なアドオンをインストール まずはThunderbirdにスケジュール管理機能を付加する、Lightningをインストールします。 これだけでも、iCal形式のカレンダーと同期できるので、可能ではあるのですが、Googleカレンダーとは動作を保証していないので、少し不安な感じがします。 そこで、Provider for Google Calendarをインストールすることで、双方向の同期を行うようになります。 Googleカレンダーと同期させる インストールが完了したら、Googleカレンダーと同期の設定を行います。 Lightningの画面から「新しいカレンダー」を選択、「ネットワークのサーバ」 »

Thunderbirdの設定色々

会社ではOutlookを使っているんですが、家ではそんなお金を出す余裕もなく、Thunderbirdを使っています。ThunderbirdはFirefoxの開発を進めているMozilaが開発したメールソフトです。 Firefox同様アドオンによるカスタマイズでかなり強力なメールソフトになりうるのでは…?と色々設定してみました。現在家のThunderbirdに入っているアドオンは以下の通りです。 Contacts SidebarOutlookの様に左のサイドバーにアドレス帳を表示させる事が出来るアドオンです。ダブルクリックでメール作成画面になるので結構便利。Lightningスケジュール管理、ToDo機能を拡張するアドオンです。Outlookに付いている同様の機能にも負けず劣らずの強力なツール。 個人的にToDoの期限を未設定のまま追加する時にOutlookが期限が登録日になるのに対し、Lightningは無期限になるのが好きです。MinimizeToTrayシステムトレイに最小化し、Thunderbirdを常駐させるアドオンです。Outlookには標準で付いている機能ですが…あると便利な機能です。Remember the Milk Provider無料で利用できるToDo管理ツールであるRemember the Milkと同期させるアドオンです。(要Lightning) »