Google拡張機能の作り方を調べるついでにパスワードを自動生成する拡張機能を作ってみた

社内向けにGoogle拡張機能を使ってツールを作ってみようかと思い立って調べてみたところ、簡単なモノであればサクッと作れそうなので、テストも兼ねて自分用にパスワード自動生成の拡張機能を作ってみました。 Google拡張機能の作り方 APIリファレンスはこちらですが、英語は読めないので、意訳されているページを参考にさせていただきました。 その中のGetting Started(意訳)で、ある程度の作りが分かるかと思います。 早期リリースバージョンが必要、と書かれていますが、現状では拡張機能画面の右上、”デベロッパーモード”のチェックを入れるだけで大丈夫です。 “manifest.json”で、各ファイルの関連付けを行って、HTMLファイルとJavaScriptファイルで動作させるみたいですね。 そういえばMovableTypeのバックアップデータもJSON形式のファイルで関連付けを行っていたような気がします。 パスワード自動生成拡張 先程のチュートリアルのデータをちょいちょいいじって、こんな感じのものを作りました。...

Google+1風にJavaScriptに渡す変数をページ毎に変更する

javascriptをページ毎に違う変数を渡したいと思ったときに、読み込むscriptタグの前に、グローバル変数で定義する方法が一般的だと思いますが、もうちょっとスマートな方法が無いか探していました。 そこで、Google+1の埋め込みタグを見ていると、以下のようになっているのに気づきました。 <script type="text/javascript" src="https://apis.google.com/js/plusone.js">...

ThunderbirdとGoogleカレンダーを同期させてみた

久しぶりな投稿です。お久しぶりです。 Googleカレンダーを扱うように少しずつ遷移しているのですが、クライアントソフトにも同期する方法があったと思ったので、今回はThunderbirdへ同期する方法を調べてみました。 必要なアドオンをインストール まずはThunderbirdにスケジュール管理機能を付加する、Lightningをインストールします。 これだけでも、iCal形式のカレンダーと同期できるので、可能ではあるのですが、Googleカレンダーとは動作を保証していないので、少し不安な感じがします。 そこで、Provider for Google Calendarをインストールすることで、双方向の同期を行うようになります。 Googleカレンダーと同期させる インストールが完了したら、Googleカレンダーと同期の設定を行います。 Lightningの画面から「新しいカレンダー」を選択、「ネットワークのサーバ」...

GoogleAnalyticsの一つのプロファイルでサブドメインを含めた解析をしてみた

サブドメインは別サイト、と考えるとそこまでは需要があるとは考えにくいですが、自分のサイトをちょっとまとめて解析したかったので、一つのプロファイルでサブドメインを含めた解析をする方法を調べてみました。 参考:[Google Analytics]すべてのサブドメインを1つのプロファイルでトラッキングする方法 :: 日々是作譜 トラッキングコードの準備 トラッキングコードをコピーする画面で「何をトラッキングしますか?」の項目を「複数のサブドメインがある 1 つのドメイン」にセットした時のコードを利用します。 既に貼っているトップレベルドメインのトラッキングコードを貼っている方は、「_gaq.push([‘_setAccount’, ‘***’]);」の後に、 _gaq.push(['_setDomainName', '....