Macでアンチエイリアスなしのテキストを綺麗に表示してみた

MacのIllustrator、Photoshop、Fireworksでデザインをするときに、そのまま作っているとどうしてもテキストにアンチエイリアスがかかってしまい、HTMLで組んだ後にWindowsで見てみると、デザインとはイメージが違ってしまう場合があります。 また、Windowsのフォントを選んだだけではアンチエイリアスがかかってしまうのでオフにしてみても、本文に良く指定する12ptを使う場合は逆に今度は汚くなりすぎてしまいます。 そこで、色々調べてみた結果を幾つか残しておきます。 平体の値を101%にする Osaka font アンチエイリアス OFF でも奇麗に使う for OSX はじめてのブログデザインで紹介されている方法で、12ptのアンチエイリアスをオフにしたテキストの平体の指定を101%にするだけで良いそうです。 しかし、自分が試した環境では上手くいきませんでした。 フォントサイズを11ptにする...

Google Font APIを使ってみた

先日、Googleが発表したGoogle Font APIを試しに使ってみました。 適用しているのは、一番上の「SUSH-i LOG」の部分と、各記事のタイトルで、「Droid Serif」というフォントを利用しています。 利用方法もかなり簡単。外部CSSを読み込むように、head要素内に、 <link href='http://fonts.googleapis.com/css?family=Droid+...