サーバをLinodeに移管してみた

何度か 移管を 繰り返してきている当サイトですが、今回はLinodeに移管をしてみました。 t1.microからt2.microという手もあったのですが、AWSを利用する理由も特にないかなぁということでまたVPSに舞い戻っています。 ついでにCentOSも7にしてみたので、色々変更点をメモメモ。 Linodeを契約 メンバー登録して、必要情報を入力、プランは「Linode 1024」を選択、デプロイ等ゴニョゴニョしていたら立ち上がりました。 開設あたりまでは、こちらのページに詳しく記載されていましたので参考にさせていただきました。 必要なモノをインストール AWSとほぼ同じ環境を用意していきますので、PHP(php-fpm)、MySQL、nginxをインストールしていきます… »

Apache 2 + mod_dav_svnでSubversionを試してみた

一人で完結する作業が多いので、どれが最新だったとか、どのくらいの時期に使っていたとかはある程度把握できるのですが、やはり限界があったり、結局のところ自分ひとりだけではないことがあるので、バージョン管理について調べてみることにしました。 今回はCentOS5でApache2が構築済みのサーバにSubversionをインストールし、Web経由でバージョン管理を行う方法です。 Subversionのインストール yumコマンドでSubversionとmoddavsvnをインストールします。 yum install subversion mod_dav_svn Subversion設定 設定方法については、バージョン管理システム構築(Subversion) – CentOSで自宅サーバー構築、またサブドメインで運用をしたかったので、Apache 2 + moddavsvnでsvnレポジトリをサブドメインで運用する – Post-itみたいなを参考にさせていただきました。 »

さくらのVPSに移管完了

一ヶ月前くらいからサーバ移管を考えていて、やっと移管が完了しました。 前はお名前.comの共用サーバを使っていたのですが、今回はさくらのVPS。理由としてはVPSが使いたかったこと、安いこと、割と評判が良かったことです。 ということで、さくらのVPSに移管するときに色々調べたりしたので、残しておきます。 サーバの構築 さくらのVPSでは、サービス開始直後にOSのみインストールしてある状態なので、初期設定から、Webサーバや、メールサーバなどを構築する必要があります。 それらに関しては、自分よりももっと詳しい方が分かりやすく説明されていますので、それらを参考にするといいと思います。 今回設定を行う時に主に参考にさせていただいたのは以下のページ・サイトです。 CentOSをサーバーとして活用するための基本的な設定 (さくらインターネット創業日記) さくらのVPS を使いはじめる »

WCAN 2010 Summerのまとめ

7/10にWCAN 2010 Summerに行ってきました。 お酒も抜けたので、忘れないうちにメモメモ。 IAなんか怖くない~中小規模案件で考える情報アーキテクチャの第一歩~ 株式会社コンセントの加川大志郎さんにIAについて、踏み出す第一歩について教えていただきました。 自分の中でIAは、まだ名前を聞くようになったと感じる程度で、詳しい内容は把握できておらず、制作に入る前のサイトの設計か何かかなぁ、と思っているくらいの知識量でした。 これでIAについて、ある程度の知識が手に入る―と期待していたのですが、発表中に何度か出たり入ったりしている内に話に置いていかれました。残念。 基本的に、お客様が所有している情報(強み、ノウハウ、背景等)を集め、 »