フィリピン小話「宗教」

Facebookページにもぽつぽつと更新をしているのですが、せっかくなのでブログにもそのまま更新。

フィリピンの宗教

日本の宗教観では、ある特定の宗教だけを信じる人はあまり多く見かけませんが、多くの場合は仏教か神道の習慣を身につけている事が多いと思います。
フィリピンの場合はキリスト教の割合が非常に高く、総人口の90%がキリスト教信者であると言われています。

キリスト教と祝日

その為、キリスト教にまつわる祝日が幾つかあります。特に大型連休にもなっているホーリーウィーク(聖週間)という祝日が3月末、または4月初旬ごろにあり、この期間はスーパーマーケットすら空いておらず、多くのお店がお休みになります。
弊社のスタッフの多くもこの期間に地元に帰り、キリスト教由来の行事に参加をしている様です。
以前このタイミングで冷蔵庫が空っぽになってしまい、どうしようかと思っていたのですが、コンビニは開いていたので何とかなりました…。

教会はたくさん

また、日本で神社や寺があるように、コチラでは教会が至る所あり、マニラの中心部からは少し離れた所になりますが、イントラムロスという地域に世界遺産にも指定されている大きな教会も建っています。
そして、どの教会でも日曜日になると沢山の信者が集まってくるので、その様子を見ると敬虔な信者が多いのだなぁと感じることが出来ます。

雑感

以前に会社でクリスマスパーティーを開いた時に、スタッフの一人がパーティーの始まりに、結構長いお祈りの言葉をスラスラと口にしているのに少し驚いた事がありました。
なかなかそういった、キリスト教の習慣や作法等を知ることはなかったので、色々と知ることが出来る機会を作っていこうと考えています。